ラベル:愛知県

豊橋の地名 番外 姫街道茶屋場跡

姫街道は愛知県豊川市から浜名湖の北側を通って 静岡県磐田市へ抜ける江戸時代の街道です。 東海道が混み合った時期に こちらが迂回路としてにぎわったそうです。 途中豊橋から三ヶ日にかけて山越えがあり、 本坂峠を越えるので、本坂通とか本坂越と呼ばれたようです。 姫街道の標示。旧国道と姫街道が交差する地点から。 このさらに上に茶屋があり…

続きを読むread more

庚申前架道橋

豊橋市横須賀町に 東海道新幹線、JR東海道本線、名鉄名古屋本線の 下をくぐり抜ける架道橋があります。 この橋自体古びて由緒がありそうですが、 この架道橋の名前が「庚申前架道橋」となっています。 このような名がつくということは 近くに庚申塔などがあったと推測されますが、 近所の人に聞いてみてもわからないそうです。 また、機会があ…

続きを読むread more

豊橋の地名 豊清町茶屋ノ下

豊橋市豊清町に茶屋ノ下という字があります。 豊清町は豊橋東部に位置し、 少し前に挙げた三弥町に隣接しています。 国道1号をはさんで両側に離れています。 この間挙げた三弥町元茶屋は、 この豊清町茶屋ノ下にはさまれる場所になります。 茶屋ノ下というからには上に茶屋があり、 その下に位置していたろうと思われます。 国道1号(東海道)がな…

続きを読むread more

豊橋の茶屋 御茶屋橋

豊橋市中心部から石巻方面に向かうと 石巻登山口の交差点にさしかかります。 この交差点名が石巻登山口で、 東に曲がると石巻山に登っていけます。 (右端から直線的にのびる道) この交差点は橋と隣り合わせになっていて その橋が御茶屋橋です。 御茶屋橋の名が彫られています。 地元の玉川小学校児童の絵も彫り込まれています。 ここは…

続きを読むread more

豊橋の茶屋 三弥町「元茶屋」

東海道を静岡側から西に向かってきて 愛知県に入ったところが一里山で そこから長い坂を下ってきたところに 三弥町字元茶屋があります。 このあたりに茶屋があったと思われる地名です。 歌川広重の描く『東海道五十三次』の「二川」には 猿ヶ馬場という地名と茶屋が描かれていて 柏餅が名物だったとされています。 すると、この茶屋がそうだと考え…

続きを読むread more

豊橋の茶屋 石巻本町「茶屋」

豊橋市石巻町の西の端、 国道362号が豊川を渡って 豊橋から豊川に抜ける当古橋の手前に字茶屋があります。 むかしは姫街道といった国道362号が通っているので、 かつてこのあたりに茶屋があったのでしょうか。 ただし、たしかな記録は見つかりません。 当古の橋の東端から東を見たところ。 豊橋市の看板のすぐ横に石巻山が見え、 わかりにくいけど…

続きを読むread more

もっと見る