"地名の土地"の記事一覧

豊橋の地名 番外 姫街道茶屋場跡

姫街道は愛知県豊川市から浜名湖の北側を通って 静岡県磐田市へ抜ける江戸時代の街道です。 東海道が混み合った時期に こちらが迂回路としてにぎわったそうです。 途中豊橋から三ヶ日にかけて山越えがあり、 本坂峠を越えるので、本坂通とか本坂越と呼ばれたようです。 姫街道の標示。旧国道と姫街道が交差する地点から。 このさらに上に茶屋があり…

続きを読むread more

庚申前架道橋

豊橋市横須賀町に 東海道新幹線、JR東海道本線、名鉄名古屋本線の 下をくぐり抜ける架道橋があります。 この橋自体古びて由緒がありそうですが、 この架道橋の名前が「庚申前架道橋」となっています。 このような名がつくということは 近くに庚申塔などがあったと推測されますが、 近所の人に聞いてみてもわからないそうです。 また、機会があ…

続きを読むread more

豊橋の地名 豊清町茶屋ノ下

豊橋市豊清町に茶屋ノ下という字があります。 豊清町は豊橋東部に位置し、 少し前に挙げた三弥町に隣接しています。 国道1号をはさんで両側に離れています。 この間挙げた三弥町元茶屋は、 この豊清町茶屋ノ下にはさまれる場所になります。 茶屋ノ下というからには上に茶屋があり、 その下に位置していたろうと思われます。 国道1号(東海道)がな…

続きを読むread more