南松山町正林寺の役行者など

豊橋市南松山町の正林寺は国道259号に面した位置にあります。
b-PB070004.jpg

その境内に役行者像があります。
b-PB070013.jpg

その横には「呉竹乃井」という井戸があります。
b-PB070011.jpg

茶道で宗偏流を開いた山田宗偏が好んで使った水を
吉田三名水として呼び「呉竹の井」はそのひとつです。
しかし、『郷土豊橋を築いた先覚者たち』には、
「柳生橋の付近にあった・・・
現在ではいずれもなくなっている」と書かれています。
どうなんでしょう。

この記事へのコメント

2019年12月13日 13:36
いつも拝見させていただき、情報を頂戴しております。
「愛知の行者さま」の山中と申します。
豊橋地区には役行者像が多いと聞いておりましたが、一体どのくらいあるのでしょうか。
色々な文献を探しても中々系統的な調査をされているものは見当たりません。
夢のなか人様は素晴らしいネットワークをお持ちなのでしょうか。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
夢のなか人
2019年12月14日 11:47
コメントありがとうございます。
わたしが現在捉えているのは71体です。これには山中様の調査されたものと「きたかぜのブログ」に載せられたものが入っています。寺社周辺はかなり調べ尽くしたに近いとは思っていますが、ぽつんとあるものがまだ見つかる可能性はあります。
ネットワークといっても「きたかぜのブログ」の主ぐらいです。この主とはいっしょに調査しているわけではなく、それぞれ独自に活動していますので、連携しているわけではありません。
わたしのブログでは山中様の発表されたものと「きたかぜのブログ」に出たものは、庚申塔などといっしょに挙げる以外には載せないようにしています。空白を埋めるようなつもりでやっています。
山中様は私と同年生まれのようです。私は永年民俗学や民間信仰に興味を持ってきましたが、活動し始めたのはここ数年です。いろいろとお教えを乞いたいので、一度お会いできたらうれしいのですが、ブログに電話番号を公表するのもどうかと思い、連絡を取る手段を考えあぐねております。いい方法があったらお教えください。