豊橋の茶屋 石巻本町「茶屋」

豊橋市石巻町の西の端、 国道362号が豊川を渡って 豊橋から豊川に抜ける当古橋の手前に字茶屋があります。 むかしは姫街道といった国道362号が通っているので、 かつてこのあたりに茶屋があったのでしょうか。 ただし、たしかな記録は見つかりません。 当古の橋の東端から東を見たところ。 豊橋市の看板のすぐ横に石巻山が見え、 わかりにくいけど…

続きを読むread more

花田町の役行者と庚申塔

豊橋市花田町百北に役行者像と庚申塔があります。 ここは共同墓地のようですが、 八十八観音が並んでいます。 その奥に役行者像と庚申塔が並んでいます。 中央が役行者です。 左が庚申塔。 右は文字が薄くて読み取れません。 役行者の手前の臼のようなものは 足を洗う桶でしょうか。

続きを読むread more

豊橋の茶屋 飯村町「茶屋」

飯村町には二軒茶屋のほかに茶屋地名があります。 二軒茶屋の西に位置しています。 こちらはきちんとした字として残っています。 字茶屋の範囲。 旧東海道の西側になり、 国道1号が通っています。 こちらにも茶屋があったということです。 こちらは吉田藩から米を支給されていたそうで、 いわば吉田藩公認の茶屋だったようです。 はっきりしません…

続きを読むread more