日色野町神泉寺前の御鍬様

日色野町神泉寺の前に「御鍬様」があります。 寺地とははっきりとフェンスで区画されていて 別個にまつられているようです。 ちょっと見にはただの石のようです。 ちょうど居あわせた地元の方にお聞きしたら 「おくわさま」と教えてくれました。 「桑の神様」かと思いましたが、 帰って調べて見たら「御鍬様」でした。 各所の神社に合祀して…

続きを読むread more

日色野町神泉寺の庚申塔

豊橋市日色野町にある神泉寺に 庚申塔がありました。 「天保」の文字らしきものが見えますが はっきりとはしません。 この塔の手前のしきみ(?)の間には 割った薪のようなものに縄が付いています。 訪れたときよく見ませんでしたが、 なんでしょうか。 この神泉寺は無住のようですが、 菱木野天神社と熊野大神社にはさまれ、 不思議な位置関…

続きを読むread more

愛知の行者様

『愛知の行者様 資料編』を読みました。 愛知県にある役行者像を写真で紹介したものです。 著者は山中宣男氏で、日本民俗学会員だそうです。 愛知県中を探し訪ね歩いた結果です。 役行者像はその土地土地の それも古老だけに知られた存在であることが多くなっています。 すべてを網羅することは不可能といってもよく、 漏れているものもあるのはやむを得…

続きを読むread more